FBのscreenShot

FBのタイムラインに載ってきた「MONEY VOICE」の記事から

日本のブラック企業が減らぬ理由。タイ・フィリピンよりも劣る労働者の法律知識=栗原将

記事では日本のブラック企業で働く労働者の意識を問題としています。

もちろん第一義的には企業が悪いのですがそれを「みんなそうだから、こんなもんか……と思い、自分を納得させてしまう。
でも、このように諦めてしまっているから、ブラック労働がなくならないのです」と労働者側に訴えています。

(以下は記事より抜粋)

日本ではいまだにブラック企業の話題が紙面を賑わせていますが、これには労働者側の無知の問題もあります。私が移住して働いた経験のあるタイやフィリピンでは、労働者がちゃんと知識を持っていて

(中略)

必要なのは、労働基準法とか、ブラック企業に入ってしまった時に自分を守る方法なのですが、日本の学校ではそれらを教えてはくれません。

(中略)

労働基準法などは簡単なので、ちょっと勉強するだけでも、かなり理論武装ができますよ。

(記事終わり)

(IPA)Microsoft Windows 製品の Microsoft MSHTML の脆弱性対策について(CVE-2021-40444)

2021 年 9 月 8 日(日本時間)に Microsoft Windows 製品における Microsoft MSHTML の脆弱性(CVE-2021-40444)に関する情報が公表されています。
本脆弱性を悪用された場合、攻撃者によって任意のコードを実行される等して、様々な被害が発生するおそれがあります。

本脆弱性について、Microsoft 社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、Microsoft 社から提供されている回避策または緩和策の適用を検討して下さい。
対策 https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20210908-ms.html をご覧ください。

(IPA)Microsoft 製品の脆弱性対策について(2021年8月)

2021 年 8 月 11 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがあります。

この内 CVE-2021-36948 の脆弱性について、Microsoft 社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

詳細は https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20210811-ms.html にてご覧ください

民主法律協会(民法協)について

民主法律協会の サイトはこちら です。
民主法律協会では、労働者・フリーランスは無料労働電話相談ができます。受付フォームは こちら です。

民主法律協会(民法協)は、弁護士・学者と労働組合や市民団体が手を携えて、労働者と市民の権利を擁護する活動にとりくんでいます。

コンピュータ・ユニオン関西IT支部は、民主法律協会に入会し、研究会に参加しています。民主法律協会で学習をすすめながら、IT技術者の労働問題を解決するための活動を行っています。民主法律協会へ組織加入しているため、関西IT支部のメンバーは、民主法律協会の弁護士に無料で相談できるなどの特典があります。

関西マスコミ文化情報労組会議(関西MIC)について

関西マスコミ文化情報労組会議(関西MIC)は、日本マスコミ文化情報労組会議(Japan Mass Media Culture Information Workers’ Union Conference /略称:MIC)の関西地区での組織です。

日本マスコミ文化情報労組会議は新聞、印刷、放送、出版、映画、広告、音楽、コンピュータそれぞれの労働組合の連合会、協議会等で構成された組織です。平和と民主主義の課題をはじめ、各産業の発展とマスコミ関連労働者の権利・労働条件の向上のためにさまざまな活動を行っています。またMICは、市民の「知る権利」を保障し、民主主義社会を支える「報道の自由」「表現の自由」「出版の自由」を守る取り組みを行っています。

コンピュータ・ユニオン関西IT支部は、関西MICにオブザーバー加盟し、支部だけでは実現しにくい、平和、民主主義に関する問題などにともに取り組んでいます。関西IT支部の技術・経験交流会では、関西MICの他業種の産業別組合の方に発表をしてもらうなど、交流を行うとともに、関西MIC関連の労働組合での労働争議の裁判への傍聴など、関西IT支部でできる支援も行っています。

10月のカフェは「デジタル・ファシズム」の読書会

X
Follow by Email